BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

エクステリアとは一体どういうもの?

2020/09/01
家を建てる時に「エクステリア」という言葉が出てくることがありますよね。
インテリアならわかるけれど、エクステリアって何のこと?
そう思う人もいるのではないでしょうか。

今回はエクステリアとは一体何なのかを解説します。

▼エクステリア=家の外側

エクステリアとは、簡単に言うと「家の外側」の部分を表します。
外壁や門、庭、駐車スペースなど、家の敷地内における「外」の部分は全てエクステリアと呼びます。

■「外構」との違いは?

エクステリアと似た言葉に「外構」があります。
家の外側を表すという意味では同じなのですが、「外構」は駐車スペースや門など、それぞれの構造物を表します。

つまり、「外構」が寄り集まってできたのが「エクステリア」だと思ってください。

■エクステリアの大切さ

エクステリアの設計にこだわった家は、トータルで見て快適なものになる可能性が高いです。

例えば、不審者が入りにくいようにフェンスを作ったり、死角を作らないようにするだけで防犯性が高まります。
地面に使う素材をすべりにくいものにすれば、雨が降った日などの転倒を防ぐことができるでしょう。

見た目を美しく見せることも大切ですが、安全性、防犯性にもこだわったエクステリアを完成させれば、より快適な家になることは間違いありません。

▼まとめ

家の間取りや壁紙の色、家具の種類や置き場所など、いわゆる「インテリア」については、多くの人がこだわりを持って設計することでしょう。
しかし長く快適に生活できる家を作るためには、「エクステリア」へのこだわりも欠かせません。
ぜひプロのアドバイスも受けながら、素敵なエクステリアを作っていってください。